日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/01/12(土)   CATEGORY: 神社参拝
謹賀新年2013年
謹賀新年2013年。
今年はどんな年になるでしょうか?
自分次第でなるようになるしかないので
良くも悪くも楽しみです。

この時を共に生きていることに感謝です。


1月1日の初詣は秋田太平山三吉神社で参拝しました。
[写真]

いつもは人混みをさけ2日か3日に行ってましたが
やっぱり1日は混んでますね。
久しぶりに参拝のため45分くらい
待ち行列に並んじゃいました。
[写真]

秋田は例年以上の大雪で外出も大変ですね。
[写真]

東京へ戻ってからも

7日は地元の新井天神北野神社
[写真]

仕事先の溜池山王付近のいつも行っている神社に。

8日,9日,10日の順番に
日枝神社久國神社赤坂神社
[写真]

連休で天気も良かったので自転車で近場の

12日,13日は荻窪白山神社阿佐谷神明宮
[写真]

と参拝しながらのサイクリングを満喫しました。

最後の阿佐谷神明宮は初めて行きましたが
第一印象、外観の雰囲気が
名古屋の熱田神宮っぽい
ところが良かったですね。
[写真]

ただ参道が短く鳥居からすぐなので
もうついちゃったって感じです。
最寄駅からも近く年配者には優しいですが。


今年は常に感謝の気持ちを忘れずに
一日一日を楽しく過ごしていきたいですね。

スポンサーサイト
DATE: 2012/08/22(水)   CATEGORY: 神社参拝
残暑お見舞い申し上げます。
残暑お見舞い申し上げます。
毎日暑いですね。

久しぶりのブログ更新。

平日はほぼ毎日赤坂の日枝神社か氷川神社へ
参拝してます。昨年の11月からですので
もう日課のようになり
トータル150日ぐらいにはなったでしょうか。

最近は日差しが暑いので道のりがちょっと大変ですね。
そのせいか参拝する人もまばらで少ない感じです。
その分ゆっくり参拝できるのでいいですが。。。

日枝神社20120821

同じ赤坂にある日枝神社と氷川神社は
私の中では対称的なイメージがあって
家族でいうと、お父さん的なのが日枝神社で
お母さん的なのが氷川神社になってます。

氷川神社20120729

悩んでいる時や気持ちを落ち着かせたい時は
氷川神社に行く(惹かれる)傾向があり
気を引き締めたい時や元気アップしたい時は
日枝神社って感じです。

おもしろいですね。毎日行くうちに
そんな感じになってました。

赤坂にはあと小さな久國神社もあるのですが
ここは、おじいさん的な感じです。
たまに挨拶に行きます。(^.^;)

久国神社20120813


DATE: 2011/05/03(火)   CATEGORY: 神社参拝
秋田 東湖八坂神社 参拝
 5月3日、秋田男鹿半島の付根にある
潟上市天王(旧:天王町)の東湖八坂神社に行きました。
東湖八坂神社01
 この神社がある町では、民家の庭先に背丈ほどのミニ神社(やしろ)のある家が目立ちました。

 ここの神社の祭神は「素戔嗚尊」で、毎年7月6日と7日に
神話の「スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治」を
再現したような神事「牛乗り」「くも舞」が行われることで有名です。

1000年以上受け継がれている歴史ある行事だそうです。
 八岐(やわた)の大蛇を退治した故事に習って、
聖なる儀式で神格を得た男がスサノオノミコトとなり、
黒牛に乗り街中を練り歩き、八岐(やわた)の大蛇に
見立てられた赤い衣で全身を覆った神人が船の上で
とんぼ返りの舞を演じます。
 東湖八坂神社Wiki

 伝統と信仰がずっと守られていることを強く感じました。

 近くにある行楽施設と道の駅の
天王グリーンパーク」には、
この神事に関する資料館や銅像、スサノオノミコトの生活を
再現した縄文時代の復元住居などがあり
見ているだけでも楽しく勉強になります。
東湖八坂神社02
パーク内には日帰り温泉施設「くららもあるので、
帰りは温泉に入ってゆっくりできます。


DATE: 2011/04/30(土)   CATEGORY: 神社参拝
秋田 御座石神社(田沢湖畔) 参拝
4月30日夕方、秋田八幡平ドライブの帰り道で田沢湖の湖畔にある御座石神社に行きました。

田沢湖03
創建は600年前の室町時代、熊野修験僧が御座石付近を修験の場と定め祠を建てたのが最初だそうです。
写真で写っている鳥居が立っている岩盤のことですね。


実はこの写真のアングルの足元はこの岩盤の断崖絶壁の淵です。
岩盤も雨で海の磯のように濡れて滑りやすくなっていて落ちたら日本一深か~い湖の中です。(怖~)


怖い反面、湖の水の色は夕暮れの白い霧と曇り空が透過して淡いブルーの乳白色に見えて湖水面以外の景色が見えない状態だったので別世界にいるようでとても綺麗でした。

真っ赤で色鮮やかな社殿ですね。
ひふみ祝詞を思い存分奏上できました。

田沢湖04

境内にある杉の御神木です。生きるパワーを感じます。
田沢湖05

また、田沢湖の辰子伝説の神話がある神秘的な神社です。
田沢湖06
この湖畔にある辰子像の像の背景のような感じで湖面と霧が淡いブルーの乳白色一面の景色になっていてとても幻想的で綺麗でした。

DATE: 2011/04/30(土)   CATEGORY: 神社参拝
秋田 御座石神社 参拝 八幡平まで行ってきました!
4月30日、秋田八幡平山までドライブに行ってきました。

大きな地図で見る

八幡平アスピーテラインで山頂付近(秋田県と岩手県の県境)まで行ったのですが、まだ道の両側が4mくらいの雪の壁があり一面銀世界でした。
平地ではもう春なのにここはまだ真冬です。
あいにく天気も雨(山頂では雪)模様で、周り一面なにも見えない雲の中でした。
天空の雲の中を突き進んでいるような感じで面白い体験でした。

八幡平01

県境山頂の観光用の駐車場入口ですが、真っ白でなにも見えない!
八幡平03

駐車場内にかまくら発見。
風も強く真冬のように寒かったので車外に出るのはやめました。ちょっと残念。。。

八幡平02

せっかくここまで来たので八幡平アスピーテライン沿いにある
後生掛温泉に寄りました。
「馬で来て足駄で帰る後生掛」といわれる湯治で有名な乳白色の硫黄質の温泉です。

八幡平04
湯の花の泥風呂や気泡が沸き立つ火山風呂もあり、とても体が温まりました。

帰り道は田沢湖湖畔経由で帰りました。
田沢湖に向かう途中の霧と雪解け水が流れる玉川沿いの景色がとても印象的でした。

田沢湖01
道端には水芭蕉の群生もありました。
田沢湖02

景色はまだまだ冬でしたが、もっと暖かくなって新緑になったころはとてもきれいでしょうね。。。

DATE: 2010/11/01(月)   CATEGORY: 神社参拝
駒込 妙義神社 参拝
久しぶりに神社新規開拓しました。

今回は駒込に用事があったのですが、地図で近い神社を探してみると
妙義神社というのがあったので行ってみました。

こじんまりした小さな神社でしたが、奉納の飾りが多かったので由緒ある神社だと思いました。

妙義神社02

それもそのはず、豊島区最古の神社で祭神である
日本武尊(やまとたけるのみこと)ゆかりの神社だそうです。
また太田道灌はじめ戦勝祈願「戦勝(かちいくさ)の宮」「勝守り」としても信仰されてきたそうです。
必勝祈願がんばります!

境内にある大きな桜の老木が時代を感じさせます。

妙義神社01

狛犬がいなかったのがちょっと気になりました。



DATE: 2010/07/29(木)   CATEGORY: 神社参拝
東京 日枝神社 参拝
久しぶりに東京赤坂の日枝神社に行ってきました。
地下鉄を出て外へ出ると台風のように物凄い風と横殴りの雨
傘がひっくり返っている人とかもいて、
神社まで行くのをちょっとためらいました。
そんな中でも数人は日枝神社の階段を登って行ってましたが。

これも試練かと半分決意して、でもとりあえずちょっと天候がよくなるかなと
思い15分ほど待ってたら風も雨も穏やかになってほとんど傘がなくても
歩けるくらいになりました。

ちょっと待っていてラッキーでしたね。
無事に参拝することができました。

日枝神社072902

天候が悪かったので境内には人はほとんどいませんでした。
そのかわり、鶏小屋があって鶏がたくさんいました。
天然記念物の小国(しょうこく)という鶏だそうです。

日枝神社072901

DATE: 2010/07/14(水)   CATEGORY: 神社参拝
東京 新井天神 北野神社 参拝
今年の4月ごろから新井天神北野神社に週1回は参拝する機会があります。
通院している病院が北野神社のすぐ近くなので、待ち時間か、帰るときに寄ってます。

「遠くの親戚より近くの他人」にたとえられるように
地元の産土神社のほうが身近な分たよりになるそうです。
毎日がベストですが、最低でも月に2回以上は参拝することが良いようです。

なので最近、週1回は行っているので、懸賞にも当選したのかもしれませんね。

昔の人たちは、地元の神社と家族のように親密だったと思います。
神社からパワーをもらって生活していたと思います。自分の親のように相談したり頼りになる存在だったのが、若い世代を中心に現代人はそれを忘れがちになっていますね。

パワースポットの神社ブームではありますが、おかげ信仰がほとんどだと思いますし
自分自身も神社廻りでの心構えがちょっと足りなかったと思いました。

そんなんでは、神霊と一体になれないので支援も受けれませんね。
ちょっと自己満足で終わっていたと反省してます。

頭で解っているつもりでも、いまいちスッキリしなかったのはそのせいでしたね。

これからは、ちょっと神社参拝での心構えもあらたにできそうです。
DATE: 2010/07/14(水)   CATEGORY: 神社参拝
東京 天神北野神社 参拝
JR中野駅に近い、地元で天神さまと言われている小さな神社があるのですが
最近、北野神社であることが判明!
小さな神社で社務所もないのでうっかりよく見てませんでしたが
入り口をよく見ると北野神社の石版がありましたね。
天神北野神社01
いつも行く新井天神北野神社と同じですね。だから天神さまだったのでしょうか。。。
近所の方々が境内や社殿の掃除をしていたので、地元の人たちに守られている神社のようですね。
素朴で懐かしい雰囲気の神社で気に入ってます。

DATE: 2010/05/22(土)   CATEGORY: 神社参拝
東京 沼袋氷川神社 参拝
15日、東京西武新宿線沿線にある沼袋氷川神社に行ってきました。
沼袋氷川神社01
ここの神社は初めてでした。住宅街の中にあるので敷地内の大木がすごく目だって印象に残ります。
沼袋氷川神社04 沼袋氷川神社05
狛犬も味がある可愛いデザインでいい感じです。
沼袋氷川神社03 沼袋氷川神社02
落ち着いた開放的な境内で気に入りました。
DATE: 2010/04/01(木)   CATEGORY: 神社参拝
東京 深夜の神社めぐり
4月1日、ひょっとしたことで深夜の神社めぐり路程となりしました。
徒歩でツイッターしながら神社を探しての4時間の巡業?!でした。

ますは、日枝神社前から深夜1時ごろスタート。

渋谷方面へ行きながら、まず遭遇したのは赤坂の乃木神社でした。
乃木神社01
ここの大きなしだれ桜は濃いピンク色で綺麗で感動ものでした。
今が見ごろではないでしょうか?

つぎに青山墓地を通過、ここも今の時期はがいっぱいです。まだ2分咲きってところでしょうか?

渋谷駅のそばに稲田神社を見つけたのでちょっと参拝。
稲田神社01
深夜の神社はライトアップがないと不気味です。

神山町(神の山!?)を通って初台方面へ
神山商店01

その途中で代々木八幡宮を発見!?
ここで石器時代の遺物が発掘されたそうです。
代々木八幡宮01
興味がありましたが、階段が暗かったので昼間にまた来ることにしました。

さらに東中野方面へ中野氷川神社で参拝。
中野氷川神社11
ここは境内がライトアップがされていたので深夜でも大丈夫でした。

中野方面へ向かいながら、そろそろ4時間歩きは疲れてきたので
中野駅付近の天神神社でしめとなりました。
中野天神神社01
町内会の神社という感じで児童公園と融合していて
昔はこんな感じの神社がたくさんあったんだろうなと
懐かしさを感じました。

こんな路程もたまにはいいかなと思います。

DATE: 2010/03/17(水)   CATEGORY: 神社参拝
東京 四谷加賀神社 参拝
東京の四谷須賀神社で参拝してきました。

区立四谷小学校脇の東福院坂を下ったところで
階段を今度は上ったところにありました。

こじんまりして落ち着いた感じでしたが
雰囲気が良かったです。
東京大空襲のときに周りの建物が消失したと
ありましたが、昔はもっと広く立派だったのでしょうね。
狭いわりには風格がありました。

主祭神は すさのおのみこと と 
うかのみたまのみこと です。

神田明神と同じく大国主命(おおくにぬしのみこと)も
祭ってありました。

社宝の鎌倉時代の歌人の肖像画に代表作一首を書き添えた
三十六歌仙繪が有名で御本殿内で見る事ができます。

また行きたいと思った神社でしたね。

My Twitter
http://twitter.com/OokamiSusanoo
DATE: 2010/01/10(日)   CATEGORY: 神社参拝
秋田 太平山三吉神社 参拝
1月1日、秋田太平山三吉神社に初詣に行きました。

大己貴大神
少彦名大神
三吉霊神

三吉神社10

三吉霊神は力、勝負、破邪顕正の神様です。
大雪吹雪の中でしたが、今年もがんばりましょう。


参拝した神社の写真集です。

flickr: http://www.flickr.com/photos/46269861@N04/
DATE: 2010/01/10(日)   CATEGORY: 神社参拝
東京 神田明神 参拝
1月9日、神田明神へ行ってきました。

縁結びの神 だいこく様 大己貴命(おおなむちのみこと)
商売繁昌の神 えびす様 少彦名命(すくなひこなのみこと)
除災厄除の神 まさかど様 平将門命(たいらのまさかどのみこと)

神田明神01

まだ正月土曜日とあってちょっとにぎわってました。

今年こそ良い年でありますように。

参拝した神社の写真集です。

flickr: http://www.flickr.com/photos/46269861@N04/

DATE: 2009/05/06(水)   CATEGORY: 神社参拝
秋田市 神社巡り③ 磯前神社、明田神社 参拝
5/6、磯前神社、明田神社に参拝してきました。
DATE: 2009/05/06(水)   CATEGORY: 神社参拝
秋田市 神社巡り② 勝手神社、水上神社、神明神社 参拝
5/5、勝手神社、水上神社、神明神社に参拝してきました。
DATE: 2009/05/06(水)   CATEGORY: 神社参拝
秋田市 神社巡り① 三吉神社、藤倉神社、石動神社、八幡秋田神社、秋田大神宮 参拝
5/4、三吉神社、藤倉神社、石動神社、八幡秋田神社、
秋田大神宮
に参拝してきました。

三吉神社
秋田市内から山(太平山)のほうへ行くと道路の真ん中に鳥居が見えます。
三吉神社01
そこからしばらく行くと道沿いに三吉神社がありました。
三吉神社02 三吉神社03 三吉神社08
祭神は、三ツ吉霊神大名持大神小彦名大神です。
三吉神社06 三吉神社05
力の大神、荒神として尊崇せられる勝負運の神だそうです。

スマップの稲垣吾郎さんも「忘文(わすれぶみ)」の番組ロケで訪れたこともある神社です。
三吉神社07 三吉神社04
杉の木と中庭

藤倉神社
三吉神社を出て近場に藤倉神社を見つけたので行ってみました。
地元で有名なペット霊園の隣にありました。
藤倉神社01 藤倉神社02 藤倉神社03
祭神は、天照皇大神、大物主大神です。
秋田藩主佐竹氏ゆかりの神社だそうです。
藤倉神社06 藤倉神社04 藤倉神社05
屋根には佐竹氏の家紋があります。
藤倉神社07
境内にはたくさんの杉の巨木があり、歴史の深さを感じました。


石動神社

秋田市内に戻る途中で赤い橋と鳥居が目にとまりました。
石動神社01 石動神社02
村社であった石動神社です。
川の中州にあるので赤い綺麗な橋がかけられてあります。
石動神社03 石動神社04 石動神社06
案内板は無かったので詳細は不明でしたが、
調べてみると、正応(しょうおう)4年(1291)、舟木久助氏が能登国の
石動大明神を勧請奉祀したといわれ、安産の神として信仰を集めたそうです。
昔ながらの村の風情を残こしている神社ですね。
石動神社05
境内にある相殿の愛宕神社

八幡秋田神社
八幡秋田神社01
八幡秋田神社02
八幡秋田神社03
八幡秋田神社04
八幡秋田神社05
八幡秋田神社06
八幡秋田神社07
八幡秋田神社08
八幡秋田神社09


秋田大神宮

秋田大神宮01
秋田大神宮02
秋田大神宮03
秋田大神宮04
DATE: 2009/05/03(日)   CATEGORY: 神社参拝
秋田 真山神社 参拝
5/3、秋田の男鹿半島にある真山神社に参拝してきました。
真山神社01 真山神社02 真山神社03
主祭神は、ににぎのみこと(瓊瓊杵命)、たけみかづちのみこと(武甕槌命)です。
真山神社04 真山神社08 真山神社11
この神社は超人ネイガーのコンセプトにもなっている
秋田のなまはげにゆかりのある神社です。
真山神社05 真山神社06
隣にあるなまはげ館といっしょに観光名所となっています。

真山神社09 真山神社13
行く途中にあったなまはげの巨像


この地域(門前)は神仏共に神社寺院が密集していて、
修験の霊場としてかなり信仰が深い場所だったようです。

真山神社10 真山神社12
近くにある天然記念物の樹齢千年の榧(かや)の木と千年杉の株

DATE: 2009/03/31(火)   CATEGORY: 神社参拝
東京 水天宮 参拝
東京人形町そばの水天宮で参拝してきました。
はじめて行きましたが、たくさんの女性や子供ずれが
参拝してました。
こんなにも活気のある神社かと関心していたら、
安産戌の日ということで縁起を担いで来ている
方々が多かったらしいです。道理で。。。
ちまたでは安産神様ということです。
ご祭神は天御中主大神(アメノミナカヌシノオオカミ)です。
宇宙に一番最初に出現し、高天原の主宰神となった神だそうで、
すごいです。

1階が駐車場で2階に水天宮があってエレベータ完備なのには
ちょっと驚きました。


Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。