日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/10/30(木)   CATEGORY: 日月神示
神社風居酒屋 呑来醍(のんきてい)
神社つながりで昨日30日、神社風居酒屋 呑来醍(のんきてい) に行きました。
中野駅南口を出て徒歩1分のところのビルのエレベータを上がった3Fにあります。

のんき01 のんき02 のんき03

神社モチーフにした店内は、なんか落ち着いた感じで良かったです。
神社の社のような漆塗りぽい造りがいいですね。

のんき07 のんき04 のんき08

料理もオリジナリティがあって美味しかったです。
とまらん棒っていうパスタをそのままフライにした塩味のおつまみは、とまらんだけに結構はまってしまいしました。
また、オリジナルの日替わりパスタもあって、気分次第でレシピが変わるみたいです。変わったところで納豆パスタなんかももあるようで、気分によってはオーダーパスタを作ってくれそうな感じで楽しみがありますね。

テーブル席と掘りごたつ席があって長時間座っていても楽なのでついつい長居しちゃいますね。20人ぐらいの団体さんも間仕切りをはずせばOKのようです。

フジテレビのうちくるのTV番組でも紹介されたようで、中山秀征さん、飯島愛さん、お笑いの長井秀和さん、なんちゃってあやや!?の写真が飾ってありました。

毎月1回、半額デーがあるようなのでまた行こうと思います。

スポンサーサイト
DATE: 2008/10/30(木)   CATEGORY: 日月神示
東京 赤坂氷川神社 参拝
今日は、赤坂にある赤坂氷川神社に参拝してきました。
古風で趣がある落ち着いた外観でした。日枝神社と同じく東京十社に入っているだけあって観光できている人も多く見かけました。欧米風の人もいました。

赤坂氷川神社04 赤坂氷川神社03

いままで行った氷川神社は、だいたい外観が年期が入っていますね。日枝神社のような派手さはありませんが逆に落ち着いた感じでいいかもしれません。
ここも高層ビル街の中にあって日月神示天之日津久神社みたいに緑の木々に囲まれているので周りの雰囲気と全然違っていて癒されますね。

赤坂氷川神社02 赤坂氷川神社01

氷川だけに氷川きよしさんも参拝に来られたのか、氷川きよし絵馬がかけてあって観光のおばちゃんたちが写真をとったり騒いでました。
DATE: 2008/10/20(月)   CATEGORY: 日月神示
東京 神明氷川神社 参拝
18日に中野区にある神明氷川神社に行きました。
日月神示神の日月みたいで名前が気に入りました。

JR中野駅南口から京王バス渋谷行きに乗って近くのバス亭まで15分ぐらいでしょうか。
中野神明小学校の隣にありました。
規模は小さいですが、年期の入った落ち着いた社でした。
地元の神社って感じですね。
道の入口のところで手を合わせていくお年寄りを何人も見かけました。

神明氷川神社 神明氷川神社01

来週の25日はここでお祭りがあるそうで、
そのためか巫女さんたちが踊りの練習をしてました。
そのしぐさや手に持った鈴の音を聞くと心が安らぐ気がしました。
最近、雅楽にも興味があります。

ここもまた来ようと思いました。
DATE: 2008/10/16(木)   CATEGORY: 日月神示
東京 日枝神社 参拝
昨日の15日と16日に、よく仕事に行くお客さんの近くに日枝神社があったので時間を見て参拝してきました。
主祭神は大山咋神(おほやまくひのかみ)ですね。

日枝神社02 日枝神社03

高台にある神社なのですが、上りのエスカレータが完備されてちょっと驚きました。ちょっと近代的な雰囲気がありましたね。

日枝神社01

都心の中のオアシスって感じでまた行こうと思います。

DATE: 2008/10/15(水)   CATEGORY: 日月神示
千葉 天乃日津久神社 参拝
13日、成田まで車で行く用事があったので2回目となる
日月神示天乃日津久神社に寄りました。

京葉道の武石ICを降りてから一般道で千葉市街を通り佐倉街道経由で1時間ぐらいでしょうか。
この地域では宗吾霊堂が有名なのでこの看板目印に宗吾霊堂まで行ってそこから5分程度の距離です。着いた頃には夕方6時半をすぎていたので、もう日が暮れてあたりは真っ暗でしたが、なんとか参拝できました。

麻賀多神社には照明があったのですが、裏側の天乃日津久神社は闇夜の中でちょっとビビリます。誰もいなかったので良かったですが。(^_^;)

ちょっと気になるひふみ祝詞を唱えてみました。
暗闇での参拝もおつなものですね。。。
DATE: 2008/10/13(月)   CATEGORY: 日月神示
ひふみ祝詞
日月神示のなかでひふみ祝詞というものがある。

ひ ふ み…(1・2・3)
よ い む な や…(4・5・6・7・8)
こ と も ち ろ ら ね…(9・10・11・12・13・14・15)

し き る…(16・17・18)
ゆ ゐ つ わ ぬ…(19・20・21・22・23)
そ を た は く め か…(24・25・26・27・28・29・30)

う お え…(31・32・33)
に さ り へ て…(34・35・36・37・38)
の ま す あ せ ゑ ほ れ け (ん)…(39・40・41・42・43・44・45・46・47・(48))


1から47音の言霊、最後にンと飲みこみ
48音のヨハネとなるという興味深い祝詞である。

実際にどのような歌われ方をするのはわからないが
どうなのか興味あるところだ。
ググると初音ミクが歌っている動画がありましたが、メロディーがついてます?



意味は下記のようだが、なんか奥が深いですね。

・宇宙間の生物、森羅万象は恩顧(すべてのものの恵みを受けること)により生(活生命)を享(身を捧げる)くるものなり、我々は日常生活の就中には全て、日の神、月の神の慈しみによること至大なり。
・日月の神は、常に死・老・病の苦悩を去らしめ、悪神、悪魔(一神の神)をして憑依する能わしめ(永遠の生成化育の発展を計り給う)。
・陸の耕地は、年々豊かに富ならしめ、海の魚は日毎に獲物あらしめ給う。
・老若男女を問わず、黙々として悦びて、働き以って、日月の赤子をして相和し、悉く餓ゆること無からしめよ。
・朝に出て、日を背に汗し、夕に帰りては、陰陽和合の喜びをたのしみ。
・常に熱烈に、日の神、月の神の出現を祈り、かつ拝せよ。
・日の本の子は、神人一体の道=かつて神が歩んだ道を子が歩む、神を中心とする道、これを神道という。

Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。