日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/04/24(水)   CATEGORY: 日月神示
新刊「奥義編[日月神示]神一厘のすべて」を衝動買い!
奥義編[日月神示]神一厘のすべて

マコトの日本人へ 奥義編[日月神示]神一厘のすべて スメラの民の覚醒がついに最後の岩戸を開く(超☆どきどき) (超☆どきどき 23)マコトの日本人へ 奥義編[日月神示]神一厘のすべて スメラの民の覚醒がついに最後の岩戸を開く(超☆どきどき) (超☆どきどき 23)
(2013/04/25)
内記 正時

商品詳細を見る

いつもの昼休みに書店で立ち読みする本を探していて
ふとこの新刊が目にとまった。
日月神示とあったので何気に手にとって読み始めましたが
冒頭ちょっと読んだだけでしたが、
内容にどんどん引きこまれて思わず衝動買いしちゃいました。
大体立ち読みですませちゃうんですけどね。。。

ときあかし版 『 [完訳]日月神示 』(超☆どきどき)ときあかし版 『 [完訳]日月神示 』(超☆どきどき)
(2012/07/26)
内記 正時

商品詳細を見る

↑↑これは立ち読みして面白かった。↑↑

新刊「奥義編[日月神示]神一厘のすべて」も
なかなか画期的な観点、視点で書かれている。
自分もいままで腑に落ちなかったところや
なんかしっくりこなかったところの解釈にとても興味がわいた。

日月神示の内容をパズルに例えて分かりやすく
論理的に解釈したところはしっくりきますね。

日月神示の読み方の「八通りに読める」解釈についても
八通りあるわけではなく
唯一無二でいろんな視点から見ることで真実が分るようになってくる
ところは同感する。


いろんな視点で見て
ばらばらにちりばめられたパズルが少しずつつながって
その先に見えてくるものは何か。


そう見ていくと深い霧がいっきに晴れていくように
本題を読みすすんでいくと、どきどきワクワクするね。


改めて日月神示の内容が心に染み込んでくる。

内容も濃いようなのでじっくり読みたい。

ちょうど今日発売だったみたい。
引き寄せを感じた。夢中に感謝!

書評は次回にでも。
スポンサーサイト
DATE: 2013/04/23(火)   CATEGORY: 幸福
幸運を招くには必死ではなく夢中でいることが大切!
必死ではなく夢中でいよう!

必死とは・・・死ぬ覚悟で全力を尽くすこと。
夢中とは・・・物事に熱中して我を忘れること。

必死には、厳しさや苦しさが伴い
楽しさ嬉しさがありません。

夢中には、楽しさ嬉しさのみです。
厳しさや苦しさはありません。

どちらもがんばっているという意味では
同じようですが
どちらの経過が良い結果を招くのは
もうわかりますね。


西田文郎氏著書から

No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)
(2006/11)
西田 文郎

商品詳細を見る

 人の脳は感情、イメージ、思考の三つがプラスになれば、必ず成功できる仕組みになっています。
 言い換えれば、感情、イメージ、思考のすべてをプラスにすることさえできれば、誰でも「優秀な人間」になれるということです。

 思考とイメージと感情の三つがともにプラスになったメンタルタフネスを、「メンタルヴィゴラス状態」と呼びます。

 熱意とは何かというと、扁桃核がプラス感情で右脳はプラスイメージ、左脳はプラスのメンタルヴィゴラス状態にある脳が発するエネルギーです。
 ツキを呼び込むのは、何事にもプラス感情で、明確な目標をイメージし、常に前向きな人間のウキウキワクワク状態です。


必死ではなく夢中になることが
幸運を引き寄せるポイントです。

常に楽観的に考えリラックスして
楽しいこと嬉しいことをして
ウキウキワクワク状態の
いい気分になれるようにしましょう!


Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。