日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/11/20(木)   CATEGORY: 幸福
「好きなこと」だけして生きていく!?
今日の立ち読みして良かった本。
「好きなこと」だけして生きていく。
      著者 心屋仁之助


「好きなこと」だけして生きていく。「好きなこと」だけして生きていく。
(2014/11/15)
心屋 仁之助

商品詳細を見る


○特に印象に残ったところを抜粋

好きなこととラクなこと。
ちょっと似ていますが、実は全然違う。
突然「会社をやめて、今日からミュージシャンをめざす」と
宣言したら、周りは反対するでしょう。
「南の島で釣りをしながらブラブラして暮らす」と
言ったら、頭がおかしくなったと思われるでしょう。
好きなことをしようと思ったら、人に迷惑をかけて
嫌われる覚悟がいる。
安定を手放すとか、収入をなくすとか、
築いてきた地位名誉をすてるとか
一番恐ろしくて、絶対それだけはありえない、
というところに飛び込まないと好きなことをして
生きてはいけない。
つまり好きなことをするには一番嫌なことを
しなければならない。
でもラクなことというのは
人から嫌われないようにすること。
だから周りから上手に嫌われないことばかり
選んで逃げ回っていくのがラクな生き方である。
結局、自分が好きなことができなくなる。
嫌われてもいい、非難されてもいい、
「他人軸」のハードルを越えないといけない。
みんな「好きなことをして生きてゆきたい」と
思うのに、それができないのは、
目の前の「嫌われる」という一番大きな問題が
乗り越えられないから。。。

続きは書店で!
スポンサーサイト
Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。