日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/05/21(火)   CATEGORY: 日月神示
宇宙の存在は神の子宮であり、地球は大きな卵であるという子宮内宇宙の型示し!?
宇宙大出産で宇宙ごと生まれ変わる!
元つ神の「光ひとつ上(あ)ぐる」仕組み

宇宙大出産で宇宙ごと生まれ変わる! 元つ神の「光ひとつ上(あ)ぐる」仕組み 火水伝文(ひみつつたえふみ)+日月神示+竹内文書が伝える《岩戸開きアセンション》の超真相 (超☆どきどき 24)宇宙大出産で宇宙ごと生まれ変わる! 元つ神の「光ひとつ上(あ)ぐる」仕組み 火水伝文(ひみつつたえふみ)+日月神示+竹内文書が伝える《岩戸開きアセンション》の超真相 (超☆どきどき 24)
(2013/05/16)
白山 大地

商品詳細を見る

・私たちの地球を含むこの宇宙(銀河系)は、元つ神の子宮になっていた
・元つ神がすべてを産んだ
・元つ神から産まれた中つ神が宇宙のすべてを仕切ってきた
・世界中の神様はぜんぶ中つ神
・中つ神は元つ神から産まれたことをまったく知らずに活動してきた
・岩戸の中に閉じ込められていたのは実は私たちだった
・岩戸で子宮を閉じることで内部を保護し流産を防いでいた
・人類も中つ神も岩戸の内部だけが宇宙だと思い込んでしまった
・岩戸開きで私たちは中つ神と共に宇宙ごと生まれ変わる
・元つ神は国常立大神(艮の金神)である
・元つ神は大豊雲大神(坤の金神)である
・元つ神の子である私たちはこうして神に帰る


最近、立ち読み流し読みをした本です。

内容は日月神示に関するものではなく「火水伝文」に関する内容のようです。

ただ、その中に宇宙の存在定義で
宇宙の存在は神の子宮であり、地球は大きな卵であるという
子宮内宇宙の型示し」であるというところが印象に残りました。

水や空気や生命のために必要なものがすでに無償で自然に
与えれれている、
すなわち生かされていることが神の子宮である根拠だと感じます。

お金はいらない世になるという意味もわかるような気がします。

なぜお金がないと生きづらい
世の中になってしまったのでしょうか?


森羅万象を中心とする神的世界を無視し疎かにしてきた結末であり
それを正さなければならないときがきているのでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。