日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/06/21(金)   CATEGORY: 神道
美しい「形」の日本 書評と感想
最近立ち読みしたてよかった本。
美しい「形」の日本 著者 田中英道

美しい「形」の日本美しい「形」の日本
(2013/01/30)
田中英道

商品詳細を見る

【内容】
縄文・遮光器土偶、前方後円墳、法隆寺、聖徳太子、運慶の謎に迫る!
そして万世一系の天皇も「形」の美だった!?
歴史学者や考古学者が見落としていた真実。
文字ではあらわせなかった美の衝撃。

日本再発見! 文字資料にはあらわれない、隠された日本文化の特性は
「形」を読み解かなければ、本質は見えてこない。

【目次】
第1章 「文字」より「形」の日本文化
 ・日本には世界的な美術品が目白押し
 ・日本人は「形」と「言葉」は別物と考えてきた
 ・文字の有無が文明を計る尺度か?
 ・縄文土器のすばらしさ
 ・日本は文字など必要としない平穏な社会だった
 ・過度の「文字信仰」排す
 ・『魏志倭人伝』からは見えてこない三世紀日本の実像
 ・仮名文字を生み出した日本人の形象感覚
 ・「フォルモロジー」で日本文化を捉えなおす

第2章 無文字時代にも高度な文化があった
 ・「形」の文化はすでに縄文中期に確立されていた
 ・土偶に見る原日本人の心性
 ・仁徳天皇陵は世界最大の墳墓である
 ・前方後円墳のナゾを解く
 ・ナイーブであどけない埴輪は「霊」の象徴である
 ・現日本人の宗教観①~自然信仰
 ・現日本人の宗教観②~御霊信仰、皇祖霊信仰

第3章 日本文化における「形」の優位
 ・仏像の美に衝撃を受けた欽明天皇
 ・聖徳太子が建てた世界最古の木造建築
 ・聖徳太子が日本人の信仰の「形」を定めた
 ・墓から寺への「形」の移動
 ・日本の仏像はなぜすぐれているのか
 ・飛鳥・奈良時代の天才仏師たち
 ・アトリビューションの重要性
 ・パトロンの存在も見逃せない
 ・奈良の大仏は日本のシンボルであり誇りであった
 ・美術作品は「失われた形」を回復する
 ・運慶と西行-鎌倉彫刻の意外な接点
 ・絵巻で読む日本歴史
 ・西洋絵画を革新した浮世絵の魅力

第4章 あらゆるものに反映される日本の美
 ・万世一系の天皇も「形」の美である
 ・伊勢神宮の驚異
 ・天武天皇にはじまる「天皇」の呼称と「伊勢祭祀」
 ・神道とは何か
 ・「個」の問題は仏教で、「公」の問題は神道で
 ・「神仏融合」意外史
 ・神話以来の美しい記憶
 ・”権威”と”権力”のバランス感覚
 ・茶道や能に見る「型」の美
 ・「歌の前では平等」という日本の伝統
 ・神道と日本の美しい作法
 ・老人像の傑作群を生んだ長幼の序

第5章 日本文化の普遍的価値
 ・日本文化の価値を発信せよ
 ・「クールジャパン」の魅力
 ・世界を席捲する「匠」の技
 ・「日本型経営」を見直せ
 ・「論語と算盤」という日本的考え方
 ・共同体意識は日本人のDNA
 ・世界最古の企業は日本にあり
 ・各地で伝承される祭りのエネルギー
 ・生命科学を先取りしていた日本人の知恵
 ・こんな時代だから伝えたい”省略の美学”

日本の「形」に着目した独自の形象学の考え方が面白く参考になる。

日本は「形」の文化。確かに日本人は「形」にこだわる。
型を作るのも得意。型をまねるのも得意。

日本人の形(型)にこだわる意識は、いつどこからきたのだろうか?

それはすでに縄文時代にはあった。縄文土器の複雑な形(模様)から芸術的なこだわりが見える。
また、日本が起源である前方後円墳はじめ古墳も「形」を意識して作られている。

宗教性においても「形」は重要であった。
なぜ神道だった日本で仏像信仰が受け入れられたのかの?

神仏融合の本地垂迹(神仏習合思想)において、「仏や菩薩が日本の神々の姿を借りて、人々を救うために現れる」という垂迹神と本地仏の思想がある。この逆の観点で見ると、いままで偶像化を禁止されて文字でしか表現できなかった日本の神々が、仏を通して形として象徴化したことも神仏融合できた要因だったのでは。

【本地垂迹の関係】
天照大神 = 大日如来、十一面観世音菩薩
八幡神 = 阿弥陀如来 = 応神天皇
熊野権現 = 阿弥陀如来、善財王とその妃・王子(熊野曼荼羅)
日吉 = 天照大神 = 大日如来
素盞鳴 = 牛頭天王= 薬師如来
大国主 = 大黒天

また、日本の仏像は粗悪なものではなく崇高な美しい芸術的なものが多い。
この芸術性の高さも人々を魅了していった要因だった。
神社仏閣の建築においても同様に言える。
日本の匠とよばれる職人たちのこだわりの精神でもあり、今も受け継がれている。

そこには、美しい「」保つことが日本の「」の原則であり
日本の「形」を一貫して追求する精神性があった。
血統や伝統や文化もすべて「形」、「形」を保つことが美徳とされる。

 形=美=崇高=神

日本人は皆、この感受性を生まれながらに持っていたと思う。

日月神示の中にもに関することが出てくる。
第五巻 地つ巻
第十七帖 (一五四)
 まことの善は悪に似ているぞ、まことの悪は善に似ているぞ、よく見分けなならんぞ、悪の大将は光り輝いているのざぞ、悪人はおとなしく見えるものぞ。日本の国は世界の雛であるぞ、雛でないところは真の神の国でないから、よほど気つけておりてくれよ、一時は敵となるのざから、ちっとも気許せんことぞ、神が特に気つけておくぞ。今は日本の国となりても、神の元の国でないところもあるのざから、雛見て、よく肚に入れておいて下されよ、後悔間に合わんぞ。

第六巻 日月の巻
第十二帖 (一八五)
 江戸に攻め寄せると申してあろがな。富士目指して攻め来ると知らしてあること近づいたぞ。今までのことは皆、でありたぞ、江戸の仕組もお山も、甲斐の仕組も皆ぞ、鳴門とうず海の仕組もしてくれよ。尾張の仕組も早よう出してくれよ。済んだらいよいよ末代続くまことの世直しの御用にかからすぞ。

第十巻 水の巻
第十三帖 (二八七)
 家族幾人いても金いらぬであろが。主人どっしりと座りておれば治まっておろが。神国の残してあるのざぞ。国治めるに政治はいらぬぞ、経済いらぬぞ。神拝めよ、神祀れよ、てんし様拝めよ。何もかも皆神に捧げよ、神から頂けよ。神国治まるぞ。戦もおさまるぞ。今の臣民口先ばかりでまこと申しているが、口ばかりではなお悪いぞ。言やめて仕えまつれ。でんぐり返るぞ。

第十二巻 夜明けの巻
第五帖 (三二五)
 何もかも神示読めばわかるようになっていること忘れるでないぞ、この仕組言うてならず、言わねばわからんであろうなれど、神示読めば因縁だけにわかるのざぞ。石、物言う時来たぞ。山にも野にも川にも神まつれと申してあること、忘れるでないぞ、せと申してあろうが、いずれも仮ざから、三千世界の大洗濯ざから、早うしてくれよ。型結構ぞ。何もかも神人共にするのざぞ。夜明けたら、何もかもはっきりするぞ、夜明け来たぞ。鳥立てよ。

日月神示も「形」の表れだとすれば、その「形」を読み解く視点も必要だと思う。

文字にはあらわれない、隠された特性や本質は
「形」を読み解かなければ見えてこない!


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。