日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/07/19(金)   CATEGORY: 幸福
貯めなくたって、大丈夫!(はづき 虹映) 書評と感想
立ち読みしてヒントになった本。

貯めなくたって、大丈夫! 著者 はづき 虹映

貯めなくたって、大丈夫!貯めなくたって、大丈夫!
(2013/06/10)
はづき 虹映

商品詳細を見る

お金は気持ちよく使えば気持ちよく返ってくる!
「万が一」に備えるから、「万が一」を招く!
お金の本質は「宇宙のエネルギー」。
本当の幸せを教えてくれるお金の新常識。
すぐに効く9つのエクササイズ付き。

スピリチュアルな観点でのお金についてのお話。

皆お金に関して誤った認識を持っている!

お金はエネルギーのようなもの。
交換のための手段にしか使えない。
交換するものがなければタダの紙。

エネルギーは貯め込むものではなく、使う(循環させる)もの。

水・電気は「使う」ものであって「所有する」ものではない。
お金も同じ。

こころよく使えばまた回ってくるもの。
良くも悪くも、お金を使う貯めるときの動機や気持ちが問題。

「万が一」を考えて貯め込むことが「万が一」を招く。
貯めるうちに腐敗(劣化)が始まる。
お金を節約することも誤った認識。

自分の好きなことにエネルギーを使っているときが一番の幸せ。
そのために使うお金というエネルギーである。
エネルギーは貯めるもの(エネルギーの独占)ではない。

人間や生き物は、水がないと死んでしまいますが、
お金がなければ死ぬということはない。

水や光(太陽)はいつでも手に入れられる。

本当に必要なものは無償で与えられる!

いま「ある」ものに感謝する。いま「ある」ものにフォーカスする。
「貯める」から「使う」へ、所有権から使用権への転換。

 日月神示より
第四巻 天つ巻
第二十帖(一二七)
 神の世と申すのは、今の臣民の思うているような世ではないぞ、金(きん)は要らぬのざぞ、お土からあがりたものが光りて来るのざぞ、衣類、食べ物、家倉(いえくら)まで変わるのざぞ。草木も喜ぶ政治と申してあろうがな、誰でもそれぞれに先のわかる世になるのぞ。お日様も、お月様も、海も山も野も光り輝くぞ、水晶のようになるのぞ。悪はどこにも隠れること出来んようになるのぞ、博打(ばくち)、娼妓(しょうぎ)は無く致すぞ。雨も要るだけ降らしてやるぞ、風もよきように吹かしてやるぞ、神を讃える声が天地に満ち満ちて、嬉し嬉しの世となるのざぞ。八月の七日、ひつ九のか三 ふで。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。