日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/09/27(金)   CATEGORY: 日月神示
「もっと あの世に聞いた、この世の仕組み」 書評と感想 ①
最近書店でみかけて読んで感銘した本。

「常識」や「当たり前」と名付けられた
たくさんの思い込みによって、
自由を失っている!


もっと あの世に聞いた、この世の仕組み 著者 雲 黒斎
(あの世に聞いた、この世の仕組み)

もっと あの世に聞いた、この世の仕組みもっと あの世に聞いた、この世の仕組み
(2013/08/02)
雲 黒斎

商品詳細を見る


あの世に聞いた、この世の仕組みあの世に聞いた、この世の仕組み
(2010/03/19)
雲 黒斎

商品詳細を見る


「さとり」「カルマ」「輪廻転生」「アセンション」…の仕組みに目からウロコ、間違いなし!
知れば、人生が楽しくなる!「一番わかりやすい」見えない世界の話。

普通のサラリーマンをしていた著者は、鬱病治療のためにつよ~い薬を飲んだところ、「雲さん」という守護霊と会話ができるようになりました。
そして、この雲さん、あの世の住民であるだけに、「この世」の様々な疑問をわかりやすく明快に説明してくれるのです。
ベストセラーとなった第1作目『あの世に聞いた、この世の仕組み』で、雲さんは「この世のからくり」や「苦しみが生まれる仕組み」を中心に教えてくれましたが、第2弾の本書では「さとる」ということから「輪廻転生」「アセンション」「『般若心経』のお経の意味」などを教えてくれます。
あなたもこの本を読めば、「見えない世界」に関する、今までわからなかったことや、不思議だったことがよくわかり、「心の平安」が取り戻せるはずです。

目次
 第1章 「誕生」という思い込み
 第2章 こんにちわ、赤ちゃん
 第3章 人生は「苦」なり
 第4章 オープン・ユア・ハート
 第5章 超説「般若心経」
 第6章 人生という名のスクリーン
 第7章 意味と価値のありか
 第8章 「うつ」にまつわるエトセトラ
 第9章 アセッション後の新世界
 第10章 スプリング・ハズ・カム


タイトルからちょっと胡散臭いと思いながら読んでみましたが
大変興味深い内容に感銘!!

突拍子のない内容でちょっと理解しがたいところもあったが、
例え話と掛け合いでわかりやすいようにまとめてある。

宇宙の法則はまだまだ理解しがたいと思っている人や
固執した思考概念を柔軟にしたい人にもお勧め!

「第一章[誕生]という思い込み」から

本来存在のすべては一つの同じものである。
ゆえに、生命は複数存在するのではなく、唯一無二の存在であり、人はみなその同じ命を共有している。
また、自分が命を所有しているのではなく、命そのものが自分であるため、命を失うということ自体ありえない。

「ない」ものを「ある」と勘違いし、「ある」という前提で疑問をもつから、何千年追い求めても答えはでない。
人間はありとあらゆるものを正しく認識できていない。生も死も存在しない。

「誰か」の誕生の際、この記憶データの一部が、意識とともに風船のような”小さな膨らみ”に流れ込んで、
そのデータが、生まれながらの性格や気質、才能、曖昧嗜好、また、性別や肉体の形状などといった特徴を決定づける。これが先天的なプログラムとしてありながら、後天的環境との組み合わせでさまざまな個性が形づくられる。

また、逆に、「誰か」が死を迎えると、その項別意識が抱えていた全記憶が大きな風船へ取り込まれ、他のデータと統合され、蓄積される。「誰か」が肉体を失うたびにデータが集まるのだから、ソースには膨大な記憶(ありとあらゆる経験や知識、感情など)が集積されている。境界がなくなったデータは次から次に上書きされ、たくさんの人の記憶が渾然一体となる。

「誕生」という運動が起こるときは、内側から外側へ向けての流れができる。その流動上に浮遊していた思考エネルギーや感情エネルギーなどが流れに巻き込まれる形で新しい膨らみへ入っていく。だから一人が「たくさんの前世の記憶」を持っていても当然だし、同じ前世をもつものが複数人いても不思議ではない。


「アナタという存在の本質は完全・完璧なものです。アナタはアナタのままでいいのです。ですから、他の何者かになろうなんて、エゴを肥大化させる様な努力は必要ないのです。さぁ、ありのままの状態(真我)を発見しましょう。アナタがこれまで苦しんできたのは、また、なにかしらの不満を抱えていたのは、その人生に何かが欠けていたからではありません。幻想の自分(固定化した思考)に飲み込まれ、本来の完全性を発揮出来ていなかったからなのです。アナタが幻想の自分から離れ、ありのままの状態であるために精神修行が必要となるのです。“必要となる”と言っても、それは物質や新たな知識を得ることではありません。完全性を妨げるモノを手放していくことなんです。」

幸せだろうと、不幸だろうと、結局は「夢の世界」。現実ではない、幻想の世界。良い夢を見ている人は、目覚めが遅くなる可能性が高い。

「精神世界」や「宗教」と呼ばれるモノの多くは、「悪夢」を見ている人に向けて語られている。
悪夢を見ているからこそ「夢なら覚めて!」という思いが強いので、“目覚め”に対しての強い意志が生まれやすくなる。逆に、良い夢を見ている方は「眠りの邪魔をするな。折角良い夢を見ているのに。」と、なかなか聞く耳を持ってはくれない。

精神世界」や「宗教」には、大きく分けて2種類の導き方がある。
一つは、「目覚め」を指し示す導き。
もう一つは、「悪夢」から「よい夢」へ誘う導き。
釈迦やイエスが説いたのは、前者の「目覚め」への道。その導きのキーワードは「気付き」。
なぜなら、自分が夢を見ていることに気付けば、夢から覚めることができるから。
「自分が夢を見ている自覚を持つ。そうすれば、自ずと目が覚める。」ただその事を伝えているだけなので、実は凄くシンプルな教えです。
一方後者は、いまだ眠りから覚めていない者(眠っていることに気付いていない者)が示した「その場しのぎ」の道。

その導きの核となるのは「方法論」。
目が覚めて「自分が無くなる」なんてことはない。

夢から覚めることで、夢物語での「自分の役」は消えますが、何の役も演じていないリアルな自分に出会うことができる。「幻想の世界」が消えることによって、ありのままのリアルな世界が現れる。

思考や感情に縛られることが無くなる。
固定化された思考パターンに気付き、それを手放す。

「固定化された思考パターンが無くなる」ということは、「思考が無くなる」のではなくて「柔軟な思考が可能になる」ということ。


宇宙は唯一無二の存在であり、
みなその同じ命を共有している!


それを著者が眼鏡をはずして見て感じた世界なので、
このイメージもありだと思う。

この眼鏡とは観念・思考・思い込みのこと。
自分の眼鏡をはずすことで見えてくるものがある。
それが日月神示でいう「身魂磨き」なのだと思う。

でも眼鏡はそう簡単にすぐにははずせない。
急にはずしても鮮明に見ることができない。

この本も含め、いままでに出会った本や教訓もすべて「身魂磨き」の導きだと感じる。

まだまだ興味深い内容が続く。。。

著者のブログもあり、この内容がベースみたい。

「もっと あの世に聞いた、この世の仕組み」ブログ
http://blog.goo.ne.jp/namagusabose


日月神示は岡本天明氏の眼を通して見た神一厘の仕組みの世界観。
いろんな視点から見ることで真実(神一厘の仕組み)がわかるようになってくる。

日月神示より
第一巻 上つ巻
第十帖 (一〇)
 神に目を向ければ神がうつり、神に耳向ければ神が聞こえ、神に心向ければ心にうつる、掃除の程度によりて神のうつり方が違うぞ。掃除出来た方から神の姿うつるぞ、それだけにうつるぞ。六月十九日、一二のか三。

第三十八帖 (三八)
 残る者の身も一度は死ぬことあるぞ、死んでからまた生き返るぞ、三分の一の臣民になるぞ、これからがいよいよの時ざぞ。日本の臣民同士が食い合いするぞ、かなわんと言って外国へ逃げて行く者も出来るぞ。神にシッカリと縋(すが)りておらんと何もわからんことになるから、早く神に縋(すが)りておれよ、神ほど結構なものはないぞ。神にも善い神と悪い神とあるぞ、雨の日は雨、風の日は風ということわからんか、それが天地の心ぞ、天地の心を早う悟りて下されよ。嫌なら嫌で他に代わりの身魂があるから神は頼まんぞ、嫌ならやめてくれよ。無理に頼まんぞ。神のすること一つも間違いないのぞ、よく知らせを読んで下されよ。ひつきのか三。

第二巻 下つ巻
第三十四帖 (七六)
 臣民はすぐにも戦済みて善(よ)き世が来るように思うているが、なかなかそうはならんぞ、臣民に神うつりてせねばならんのざからことの世の元からの臣民、幾人もないぞ、みな曇りているから、これでは悪の神ばかりが憑(か)かりて、だんだん悪の世になるばかりぞ、それで戦済むと思うているのか、自分の心よく見てござれ、よくわかるであろがな、戦済んでもすぐに善き世とはならんぞ、それからが大切ぞ、胸突き八丁はそれからぞ、富士に登るのにも、雲の上からが苦しいであろがな、戦は雲のかかっているところぞ、頂(いただき)までの正味(しょうみ)のところはそれからぞ。一、二、三年が正念場ぞ。三四五(みよいづ)の仕組と申してあろがな。八月の三日、ひつ九のか三。

第六巻 日月の巻
第三十四帖 (二〇七)
 この神示(ふで)よく読みてくれよ。早合点してはならんぞ。取り違いが一番怖いぞ。どうしたらお国のためになるのぞ、自分はどうしたらよいのぞと取次(とりつぎ)に聞く人たくさん出て来るなれど、この神示読めばどうしたらよいかわかるのざぞ。その人相当に取れるのぞ。神示読んで読んで肚(はら)に入れてもうわからぬということないのざぞ。わからねば神知らすと申してあろがな。迷うのは神示読まぬからぞ。肚に入れておらぬからぞ。人が悪く思えたり、悪く映るのは、己が曇りているからぞ。十一月二十九日、ひつ九のか三。

第八巻 磐戸の巻
第十七帖(二五三)
 この神は善き臣民には善く見え、悪き臣民には悪く見えるのざぞ、鬼門金神(きもんこんじん)とも見えるのざぞ、世はクルクルとまわるのざぞ、幸せ悪くとも悔やむでないぞ、それぞれの身魂の曇りとりているのざから、勇んで苦しいこともして下されよ、上が裸で下(しも)が袴はくこと出て来るぞ。神が化かして使うているのざから、出来上がるまでは誰にもわからんが、出来上がりたら、何とした結構なことかと皆がビックリするのざぞ、ビックリ箱にも悪いビックリ箱と、嬉し嬉しのビックリ箱とあるのざぞ、何も知らん臣民に、知らんこと知らすのざから、疑うは無理ないなれど、曇りとればすぐうつる、元の種持っているのざから、(早うこの神示読んで洗濯してくれよ、どんな大峠でも楽に越せるのざぞ、)神の道は無理ない道ざと知らしてあろが。身魂の因縁恐ろしいぞ。上下(うえした)わき上がるが近うなりたぞ。一月十四日、の一二か三。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。