日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/11/06(火)   CATEGORY: 幸福
マネジメントの神様ピーター・ドラッガー氏95歳の最後の詩!?
最近、某セミナーで聞いて
ちょっと気になったことがある。

あのマネジメントの神様
ピーター・ドラッガー氏95歳の
最後の詩!?らしいと噂だが、
私はフェイク(偽物)だと思う。

詩の内容はとてもよいのだが
成功者の言葉とはとうてい思えない

どちらかといえば
ドラッガー氏のマネジメントを実践して
一生かけても成功できなく
人生の終わりにようやく
真髄を悟った老人の詩に見える。


もう一度人生をやり直せるなら・・・・
今度はもっと間違いをおかそう。
もっと寛ぎ、もっと肩の力を抜こう。
絶対にこんなに完璧な人間ではなく、
もっと、もっと、愚かな人間になろう。
この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさんアイスクリームを食べ、
お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。
もっと本当の厄介ごとを抱え込み、
頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるなら・・・
春はもっと早くから裸足になり、
秋はもっと遅くまで裸足でいよう。
もっとたくさん冒険をし、
もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、
もっとたくさんの夕日を見て、
もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら。
だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、
構えたり、落ち込んだり ・・・・
もっとリラックスしよう、
もっとシンプルに生きよう、
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。
人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。


そこで私なりに感じる
ピーター・ドラッガー氏95歳の
最後の詩をアレンジしてみた。


もう一度人生をやり直せるとしたら・・・・
今度はもっと楽しい時をすごせるだろう。
好きなことをたくさんして優雅にいこう。
もっと寛ぎ、もっと肩の力を抜こう。
絶対に窮屈な人間ではなく、
もっと、もっと、楽な人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと気楽に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさん野菜を食べ、
お酒は控えめに、お米もたくさん食べよう。
もっと感謝で涙があふれるくらいの気持ちを持って、
頭の中だけで想像する心配ごとは出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるとしたら・・・
春はもっと早くから野菜の種を蒔き、
秋はもっと遅くまで収穫し汗をながそう。
もっとたくさん冒険をし、
もっとたくさんの海や山や川の自然に触れ、
もっとたくさんの夕日を見て、
もっとたくさんの子供たちと楽しく遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるとしたら。
だが、見ての通り、私はもう十分に人生を楽しんだ。
君たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、
構えたり、落ち込んだり ・・・・
もっとリラックスしよう、
もっと感謝してシンプルに生きよう、
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。
人生はいろいろあって楽しい、だからこそ、生きがいがある。

どうでしょうか?
こっちのほうがあっていると思うけど。。。(^^;)



スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。