日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法
岡本天明氏が自動書記で書いたという神からのお告「日月神示」と
中矢伸一氏などの「日月神示」の翻訳著書、さらに宇宙の法則(引き寄せの法則)から学ぶ、
日本ルネッサンスの研究と実践のブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/10/13(月)   CATEGORY: 日月神示
ひふみ祝詞
日月神示のなかでひふみ祝詞というものがある。

ひ ふ み…(1・2・3)
よ い む な や…(4・5・6・7・8)
こ と も ち ろ ら ね…(9・10・11・12・13・14・15)

し き る…(16・17・18)
ゆ ゐ つ わ ぬ…(19・20・21・22・23)
そ を た は く め か…(24・25・26・27・28・29・30)

う お え…(31・32・33)
に さ り へ て…(34・35・36・37・38)
の ま す あ せ ゑ ほ れ け (ん)…(39・40・41・42・43・44・45・46・47・(48))


1から47音の言霊、最後にンと飲みこみ
48音のヨハネとなるという興味深い祝詞である。

実際にどのような歌われ方をするのはわからないが
どうなのか興味あるところだ。
ググると初音ミクが歌っている動画がありましたが、メロディーがついてます?



意味は下記のようだが、なんか奥が深いですね。

・宇宙間の生物、森羅万象は恩顧(すべてのものの恵みを受けること)により生(活生命)を享(身を捧げる)くるものなり、我々は日常生活の就中には全て、日の神、月の神の慈しみによること至大なり。
・日月の神は、常に死・老・病の苦悩を去らしめ、悪神、悪魔(一神の神)をして憑依する能わしめ(永遠の生成化育の発展を計り給う)。
・陸の耕地は、年々豊かに富ならしめ、海の魚は日毎に獲物あらしめ給う。
・老若男女を問わず、黙々として悦びて、働き以って、日月の赤子をして相和し、悉く餓ゆること無からしめよ。
・朝に出て、日を背に汗し、夕に帰りては、陰陽和合の喜びをたのしみ。
・常に熱烈に、日の神、月の神の出現を祈り、かつ拝せよ。
・日の本の子は、神人一体の道=かつて神が歩んだ道を子が歩む、神を中心とする道、これを神道という。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 日月神示と宇宙の法則から学ぶ幸運をつかむ法. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。